ショッピング

ショッピング比較をするように、オンラインカジノも比較しよう

こんにちは。皆さんは、オンラインカジノをプレイするとき、どうやってサイトを選んでいますか?というのも、今って本当~に沢山のオンラインカジノサイトがありますよね。それぞれ特徴はあるのでしょうが、選ぶのも大変。でも、始める前にサイトを比較することは本当に大切です。この記事ではその理由を説明しますね。 比較をする重要性 オンラインカジノは、元々はヨーロッパを中心とした海外で人気を博していたものですが、年々日本でも人気が出てきており、日本向けのサービスを開始するサイトは増える一方です。と、いうことは、それだけ『選ぶのも大変』ということです…。嬉しい悲鳴というやつでしょうか…。 ここで、面倒くさいからといってあてずっぽうで適当なサイトに登録してしまうと、法外な賭け条件にだまされたり、お目当てのゲームが無かったり、日本語対応とは名ばかりで、サポートが繋がらなかったり…。色々なトラブルが考えられます。やはり、ギャンブルとはお金を扱うものですから、サイト選びは最初にしっかりすることをおススメします。中には、悪徳サイトもありますし、オンラインカジノは海外で運営されているものなので、トラブルになった場合、解決が難しい場合も多いのです。まずは、安全第一!ということで、ライセンスはもとより、賭け条件や日本語サポート等、しっかり比較しましょう。 比較したほうがお得 比較するには、安全なサイトを選ぶ以外の目的もあります。皆さん、ショッピングするときには、価格.com等の比較サイトを利用する方も多いのではないでしょうか?目的はそれと一緒、いかにお得なサイトを見つけるか!です。オンラインカジノはいま乱立しており、こぞって高額ボーナスをオファーしています。ボーナスにも色々あるので、これも、しっかり比較しましょう。 オンラインカジノ比較サイトを活用しよう! オンカジ比較サイトとは、その名の通り、オンカジを比較しているウェブサイトのことです。オンラインカジノと同じように、ネット上に沢山の比較サイトがありますが、シンプルに情報のみ羅列されているものから、独自のアニメキャラが説明していくもの、実際のプレイヤーが実況しているものまで、多種多様になっています。自分の好みにあったサイトを見つけて、面倒くさがらずに安心&安全、そしてお得なオンラインカジノを見つけて下さい

ショッピング

ネットショッピング前に確認するべきこと

家電や洋服、雑貨まで、『買い物は基本的にネット上で済ませる』という方も、今はとても多いでしょう。私も必需品はネットで買うことが多いです。本記事では改めて、ネットショッピングをする際に気をつけるべきこと、事前に確認するとよい点などをまとめました。 価格比較サイトを利用しよう お買い物の際に決めてとなるのは「価格」という方はたくさんいますよね。今はネットショッピングもたくさんありすぎて、個人では価格比較は大変難しくなっています。そこで、メジャーなサイト(ヤフーや楽天、アマゾンなど)の商品価格を比較している「価格比較サイト」を利用しましょう。少し前までは価格.comの独走状態でしたが、最近ではサイトの種類も増えたようです。 [価格.com] 「価格.com」は価格比較サイトの先駆けで、代表的なサイトです。。最安値ばかりではなく、製品の価格推移グラフなどもあり、家電等の大きな買い物には便利です。ただ、デメリットもあります。それは、価格.comの掲載ショップは、価格.comが審査を行なっているわけではなく、ショップ側が掲載料を払ってリストに記載されているのです。それに加えて、掲載価格も各ショップが更新しており、タイムラグなどから実際の価格とずれがある場合もあります。また、価格ランキングにはポイントが加味されていないのも大きなマイナス点でしょう。 [最安値.com] 最近出てきたのが「最安値.com」(最安値ドットコム)というサイトです。価格.comとの一番の違いは、『価格比較に各サイトのポイントや会員割引も加味されていること』です。ポイントといっても、バカになりません。よって、価格.comよりもより実質的な価格比較が可能です。インターフェースもすっきりしていて見やすく、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場、そしてヤフオクでの最安値を一括検索できます。JANコード検索も可能です。条件ごとの人気ランキングもチェックできます。 送料や返品無料サービスの有無 商品価格ばかりに注目していると、送料を見落としてしまうことがあります。色々比較して疲れると、なんだかそういうミスを犯してしまうんですよね…。また、商品価格が安く設定されていても、送料だけで数千円になっていたり、悪質な販売方法をしている業者も中にはいます。送料は毎回必ず確認しましょう。そして、最近メジャーになってきている「返品無料サービス」。これがあると、当然失敗がかなり防げます。この場合も送料は自己負担のケースと返品送料も無料のケースがありますので、よく条件をチェックしましょう。

ショッピング

ネットショッピングに飽きたらすること

ネットショッピングって家からできるし、際限なく商品が見れてしまうので止まらなくなってしまいますよね。でもずーっとアイテムを複数サイトで見比べているとよくわからなくなってくるし、何より飽きてきます。ネットショッピングに飽きたらちょっと散歩しに出かけたり…と行きたいところですが、今時期はちょっとやはり、怖い気持ちもありますね。「不要不急の外出」は控え中ですので…。そこでそういう時何をすればいいかなーと、家でもできる暇つぶしを考えて見ました。 ネットフリックスまたはアマゾンプライム これは暇つぶしの王道。『ネットで映画やドラマを観る』です。筆者はアマゾンプライムに登録しています。アマゾンプライムってすっごくお得ですよね。アマゾンの商品がものによっては配送料無料になるし、アマゾンミュージックで音楽も聴けるし、映画&ドラマコンテンツも観れるなんて…。さすがにネットフリックスに比べるとコンテンツは質・量ともに劣るでしょうが、月額500円でこれだけのサービスが含まれていたら、かなりいいですよね。筆者は最近は「セックス・アンド・ザ・シティ」をまた観返してました。 オンラインカジノで遊ぶ 家でできる暇つぶし、ちょっと刺激が欲しい方はオンラインカジノもオススメです!オンラインカジノとは、店舗型のランドカジノとは違い、オンラインでプレーできるカジノのことです:ここでもっと読む。 カジノといえばこれまではマカオやラスベガスなど海外まで足を伸ばす必要があったわけですが、オンラインカジノなら、インターネット環境さえあればいつでもどこでも、スマホやパソコンからお手軽にプレー出来てしまいます。元々はヨーロッパで人気が出ていたのですが、ここ数年で日本人向けのサイトもかなり充実してきました。今では完全に日本語で遊べたり、カスタマーサービスも日本語対応で整っているサイトも多いので、初心者でも始めやすくなっています。とはいえ、オンラインカジノサイトは今はかなり沢山できているので、選ぶのが難しいと思います。そんな時は、「オンラインカジノ比較サイト」を利用しましょう。 エクササイズ 映画やカジノにはまってずっとネットを観ていると目も疲れるし、肩が凝りますよね!ネットに疲れたら筆者はヨガやエクササイズをします。簡単なポーズを15分ほど行うだけでもかなりリフレッッシュできます。エクササイズをすると頭もすっきりするので、カジノの勝率も上がるかもしれませんね!

ショッピング

ネットショッピングとリアルショッピング

皆さんはネットショッピングと、実際に店舗に行ってショッピングをすることとどちらが多いですか?今はネットショップもかなり豊富になり、サービスもどんどん充実していっていますよね。仕事や家事で忙しい!と、基本的にネットショッピングで済ます人も多いことでしょう。筆者も正直、大体の買い物はオンラインで済ませてしまいます。ただ、メリットもあれば、やはりデメリットもあるなぁと感じます。そこで本記事では、「ネットショッピングのメリット・デメリット」「リアルショッピング(店舗でのショッピング)のメリット・デメリット」を改めてまとめてみようと思います。 ネットショッピングのメリット 時間の節約になる ネットショッピングメリットってなんでしょう。一番は、『時間の節約になる』ということではないでしょうか?何と言っても、店舗までの移動時間が節約できます。大事な休みの日は家でまったり過ごしたい方も多いでしょう。そんなぐうたらモードでも必要な買い物を済ませられるのは最高な点ですよね。 簡単に比較できる これも大きなメリットです。実際の店舗に足を運んで価格やサービスを比べるのなんて、現実的ではありませんよね。「価格.com」や「最安値.com」といった価格比較サイトを利用すれば、簡単に価格が見比べられ、また、商品レビューなどもチェックできます。お目当てのアイテムが決まっていない際の判断材料にもなるでしょう。 ネットショッピングのデメリット 実際のアイテムがイメージと違う可能性がある ネットショッピングの一番のデメリットは、何と言ってもこれだと思います。家電製品だとサイズ感や音、質感等、ネット上で詳細を確認していても何となく分からない点が出てくるものです。また洋服も、失敗が多いですね。サイズ感もさることながら、微妙な色や質感、サイズ感、形等、どうしても試着しないと分からないことってあります。気がつくと、店舗見ても絶対買わないアイテムを買っていたり。筆者も何度失敗したことか…。個人的には、洋服は一番気をつけた方がいいアイテムという認識です。とはいえ、ネットショップで「返品無料サービス」も増えてきていますけどね。 リアルショッピングのメリット […]

ショッピング

買い物が楽しめる旅先

旅行の目的は様々ですが、女子の旅行の醍醐味はやはり、「お買い物」ですよね!国内のアウトレットモールに行くのも楽しいものですが、海外だとやはりその土地ならではのデザインやアイテムがあったり、ブランド物が安く買えたり、嬉しいことだらけです。本記事では、そんな『お買い物が楽しい海外の国』を、独断と偏見に基づいてご紹介します。 ハワイ お買い物と言われてぱっと思いつくのは「ハワイ」という方も多いでしょう。アラモアナ・センターやワイキキ・ビーチ・ウォーク、ロイヤル・ハワイアン・センター等、ワイキキだけでも大型ショッピングモールがたくさんあります。独特の開放感や、ヤシの木がフィーチャーされた館内など、リゾート感満載の雰囲気は歩いているだけでも楽しいものです。日焼けしたスヌーピーのTシャツなど、ハワイ限定アイテムをハンティングするのもおすすめです。また、ハンバーガーなどのハワイグルメも充実しています。 ニューヨーク アメリカで一番の都市、ニューヨーク。有名なロッカフェラーセンターがある5番街には錚錚たるハイブランドのショップが並んでいます。クリスマスになるとツリーも飾られ、各店のウィンドウが一気にホリデーモードになるのですが、このウィンドウが一つ一つ凝っていて見ものです(最近では動くしかけがあるものが主流)。また、アートの街でもあることから美術本なども格安で手に入りますし、週末にはフリーマーケットもたくさん行われています。 シンガポール ブランド品が格安で手に入ることで有名なシンガポール。何と、正規品にも関わらず、日本で買うよりも半額近く安い場合などもあるそうです。日本で買うのがばからしくなるほどですね。シンガポールではお買い物は人気のアクティビティなので、大型のショッピングモールが充実しており、日系のモールもあります。空港でも色々とお買い物が可能です。日本からも行きやすいですよね。 韓国 『日本からアクセスしやすい』といえば、韓国、ソウルでしょう。昔からの定番のお買い物スポットですが、その人気は衰えていません。最近では美容業界がかなり進化しているので、コスメショッピングなんかも楽しいですよ。スパやアカスリもいいですね。雑貨が安く手に入る露天スポットもいくつかあります。ショッピングに疲れたら韓国料理でエネルギーチャージしましょう。  フィンランド […]

ショッピング

ラスベガスのカジノに行くなら

せっかくラスベガスに行くのならばチャレンジしてみたいのはカジノゲームですね!大当たりを引けば一夜にして大金持ちになれます。一攫千金のアメリカンドリームです。もちろん、お好みならいつでも日本語でオンラインカジノを楽しむこともできますけどね!でも英語も話せないし、ルールもよくわからない、カジノなんて初めてという人でも安心して楽しめるラスベガスのカジノをご紹介します。 実際のカジノを楽しもう ラスベガスでカジノができる主な場所は、ホテルが立ち並ぶ「ストリップ」ことラスベガス大通りかダウンタウンのアーケード街。より安全にカジノを楽しむなら、断然ホテルがおすすめです。ラスベガス名物である多くのホテルでは、1階がカジノエリアになっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、宿泊客が必ず通る経路なのです。 宿泊客に関わらず、ビジターも楽しめるカジノはいつも賑やかでカジノは24時間いつでも楽しむ事ができます! ラスベガス最初の夜、なかなか寝つけない場合には早速、夜のカジノゲームに挑戦してみましょう。カジノホテルでは無料ドリンクサービスでずっと楽しめます。これもうれしいサービスですね。選べるドリンクは多種多様!カジノ内のカクテルウェイトレスが、ミネラルウォーターやコーラ、ビール、カクテルなどのドリンクを運んで来てくれます。 ラスベガスおすすめカジノホテル「ベネチアン」 ラスベガスでゴージャスな体験をしたい女子達におすすめです。 イタリア・水の都ヴェニスをモチーフにしたホテルベネチアンは、なんと客室が全室スイートルーム!セレブ気分で滞在する事ができます。 ラスベガスおすすめカジノホテル「シーザーズパレス」 アメリカ映画好きにおすすめ!数々の映画の舞台になったホテルシーザーズ・パレスは、ラスベガスの名門老舗ホテル。映画「レインマン」や「ハングオーバー!」でロケ地として利用されました。古代ローマをモチーフにした豪華なホテルは、パレスという名前の通りまるで宮殿のようです。 […]

ショッピング

日本の3大ECサイトを徹底比較

右肩上がりの成長を続けている、ネットショッピング市場。多数の企業がネットショッピングサイトを開店及び運営し、市場にはECサイトやネットショップが多く進出しています。 国内ではどれだけの数のオンライン店舗が稼動しているのでしょうか。その正確な数は公表されていないため、実状が分かりにくくなっています。 そこで今回は、国内の総店舗数の現状を明らかにするため、国内のネットショップ及びECサイトの稼動店舗数を調査しました。 日本では、ショッピングモール形式の店舗が最も認知度が高く、消費者がネットショッピングをする際に利用することが多いです。モールは、実店舗でいう百貨店の形態に近いモデルで、複数の小売店舗を集めて1つのかたまりにしたもの。モール形式の店舗は集客力に優れている上、店舗同士で価格やポイントにおける熾烈な競争を実施しています。 これより、オンラインショッピングモールを店舗数が多い順に見ていきたいと思います。 Yahoo!ショッピング 店舗数:87万2,889店舗 (2019年3月時点) 『Yahoo!ショッピング』は、Yahoo! JAPANが運営するオンラインショッピングモールで、初期費用や売上ロイヤルティ、毎月の固定費等が無料であることが特徴です。 Yahoo!ショッピングの運営元であるヤフー株式会社の決算説明会資料によると、Yahoo!ショッピングの店舗数は、2019年3月末時点において87万2,889店舗とのこと2017年からの2年間で81%も店舗数が増えています。  Amazon […]

ショッピング

ネットショッピングで得するクレジットカード比較

ネットショッピングを利用するのに欠かせない存在となっているクレジットカード。 クレジットカードであれば、商品発送までがスムーズな上、支払いの手数料も無いため、ショッピングに大活躍! さらに、カードの発行会社が運営するショッピングモールを経由することでポイントがアップし、ポイントを効率よく貯められます。 「買い物は現金でする」という方も、クレジットカードを利用して買い物を楽しんでみませんか。 ネットショッピングはクレジット決済がおすすめ! お得・安心・便利なショッピングを実現 クレジットカードを利用すれば、銀行振込や代金引換で発生する手数料がかからないのでお得です。 ネットショッピングでの利用におすすめのクレジットカードは、セキュリティが高いのはもちろんのこと、カードの不正利用等に対応した補償サービスがあるため、安心して使用できるものが多いです。 また、クレジットカード決済であれば注文と同時に支払いがも済むため、手間がかかりません。 ポイントがどんどん貯まるショッピングモール […]

ショッピング

2019年フリマサイト&アプリ調査

メルカリ 出品者、購入者共に利用者数が多い、オールジャンルの人気フリマアプリ&サイトです。 出品者と購入者がお互いに住所や名前を知らせることなく取引可能な『らくらくメルカリ便』、『ゆうゆうメルカリ便』という、匿名式の配送方法を使用できます。 ラクマ 旧『フリル』を引き継いだ、オールジャンルのフリマアプリ&サイト。販売手数料が安く、多くの他社サービスでは商品価格の10%以上であるのに対し、ラクマは3.5%です。楽天スーパーポイントを支払いに使えます。 配送トラブルに関する補償を受けられる『ラクマあんしん補償』サービスや、全国一律料金で宛名書き不要のかんたんラクマパックの利用ができる等、出品時の手間を省略できるように工夫が施されています。 ヤフオク!(フリマモード) 日本最大級のオークションサイト『ヤフオク!』のフリマモードです。 ヤフオク!自体の利用者が多いことや、従者や名前等を相手に知らせずに取引できる匿名配送を利用できること等が大きなメリットです。 Yahoo!プレミアムに登録しなくてもフリマモードで出品できますが、プレミアム会員でない場合にはYahoo!かんたん決済以外の決済方法を選択できない、1点ずつしか出品できない等の制限が多数あるのがやや欠点です。プレミアム会員であれば落札システム利用料も安くなるため、定期的に出品する場合にはプレミアム会員のほうがお得だと言えるでしょう。 […]

ショッピング

価格.comとは?

『価格.com』とは、多種多様なジャンルの商品を比較可能なサービスを提供するサイトの名称です。パソコンや周辺機器、家電、家具、葬祭、保険等、扱う商品はさまざまであり、各商品の情報を得ることができる以外にも、掲示板で情報交換を行うことも可能です。 価格比較サイトの代表価格.com 商品の一番安い価格を一覧化してくれる価格比較サイトの代表は、やはり価格.comではないでしょうか。 つい価格にばかりに目が行きますが、製品の価格推移グラフにも注目してみましょう。 同じカテゴリの製品のグラフを2、3年遡って眺めるうちに、新製品の切り替え時期がなんとなく分かります。この製品の入れ替え時期で一番安い値段で購入できます。 洗濯機の場合、縦型が夏場6~8月頃、ドラム式は秋頃、10月~12月頃です。冷蔵庫は8~10月頃。冷蔵庫に関しては、少し早目に確認し始めると良いでしょう。野菜室の位置等、現品を実際に見てみると、個体ごとの個性が意外に大きいものです。 デジタルガジェットや黒物家電においても、グラフが役立ちます。 最安値のタイムラグに注意 新製品の発売が発表されたと思いきや、既に旧品が品切れになっていたということはよくありますが、これは新製品を発売する前のうちに、生産ラインを交換するためです。この時期ではメーカーは在庫を処分するため、価格を少しずつ下げていきます。 価格.comに掲載されている店は、激安価格レースに掲載料を払って参加しており、選ばれてピックアップされている訳ではありません。 […]