ネットショッピング前に確認するべきこと

家電や洋服、雑貨まで、『買い物は基本的にネット上で済ませる』という方も、今はとても多いでしょう。私も必需品はネットで買うことが多いです。本記事では改めて、ネットショッピングをする際に気をつけるべきこと、事前に確認するとよい点などをまとめました。

価格比較サイトを利用しよう

お買い物の際に決めてとなるのは「価格」という方はたくさんいますよね。今はネットショッピングもたくさんありすぎて、個人では価格比較は大変難しくなっています。そこで、メジャーなサイト(ヤフーや楽天、アマゾンなど)の商品価格を比較している「価格比較サイト」を利用しましょう。少し前までは価格.comの独走状態でしたが、最近ではサイトの種類も増えたようです。

[価格.com]

「価格.com」は価格比較サイトの先駆けで、代表的なサイトです。。最安値ばかりではなく、製品の価格推移グラフなどもあり、家電等の大きな買い物には便利です。ただ、デメリットもあります。それは、価格.comの掲載ショップは、価格.comが審査を行なっているわけではなく、ショップ側が掲載料を払ってリストに記載されているのです。それに加えて、掲載価格も各ショップが更新しており、タイムラグなどから実際の価格とずれがある場合もあります。また、価格ランキングにはポイントが加味されていないのも大きなマイナス点でしょう。

[最安値.com]

最近出てきたのが「最安値.com」(最安値ドットコム)というサイトです。価格.comとの一番の違いは、『価格比較に各サイトのポイントや会員割引も加味されていること』です。ポイントといっても、バカになりません。よって、価格.comよりもより実質的な価格比較が可能です。インターフェースもすっきりしていて見やすく、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場、そしてヤフオクでの最安値を一括検索できます。JANコード検索も可能です。条件ごとの人気ランキングもチェックできます。

送料や返品無料サービスの有無

商品価格ばかりに注目していると、送料を見落としてしまうことがあります。色々比較して疲れると、なんだかそういうミスを犯してしまうんですよね…。また、商品価格が安く設定されていても、送料だけで数千円になっていたり、悪質な販売方法をしている業者も中にはいます。送料は毎回必ず確認しましょう。そして、最近メジャーになってきている「返品無料サービス」。これがあると、当然失敗がかなり防げます。この場合も送料は自己負担のケースと返品送料も無料のケースがありますので、よく条件をチェックしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*