ネットショッピングで得するクレジットカード比較

ネットショッピングを利用するのに欠かせない存在となっているクレジットカード。

クレジットカードであれば、商品発送までがスムーズな上、支払いの手数料も無いため、ショッピングに大活躍!

さらに、カードの発行会社が運営するショッピングモールを経由することでポイントがアップし、ポイントを効率よく貯められます。

「買い物は現金でする」という方も、クレジットカードを利用して買い物を楽しんでみませんか。

ネットショッピングはクレジット決済がおすすめ!

お得・安心・便利なショッピングを実現

クレジットカードを利用すれば、銀行振込や代金引換で発生する手数料がかからないのでお得です。

ネットショッピングでの利用におすすめのクレジットカードは、セキュリティが高いのはもちろんのこと、カードの不正利用等に対応した補償サービスがあるため、安心して使用できるものが多いです。

また、クレジットカード決済であれば注文と同時に支払いがも済むため、手間がかかりません。

ポイントがどんどん貯まるショッピングモール

各カード会社がインターネット上に有名な店舗を集め、カード会員用に運営しているショッピングモール(ポイント優待サイト)。

普段利用しているお店も、カード会社が運営するショッピングモールを経由することでポイントが数十倍に増えることもあります。

店舗のジャンルの幅は広く、買い物のみならず、飲食店や旅行、美容室等のネット予約でもポイントが貯まるモールもあります。

オンライン不正利用保険の付帯で安心

『オンライン不正利用保険』とは、ネット上で不正利用による被害を受けた場合に補償してくれる保険です。名称はカード会社により異なります。

ネットショッピングにおいて、クレジットカードの利用は便利である反面、カード情報を盗まれる危険性もあります。

中でも特に注意が必要なのがフィッシング詐欺。フィッシング詐欺とは、ユーザーを偽のホームページに誘導し、個人情報やクレジットカードの番号等を盗み出す手口のことです。

被害に遭えば、本人に成りすまし、クレジットカードを不正に利用されてしまう危険があります。

しかし、オンライン不正利用保険があれば、その被害を最小限に抑えることが可能です。

ネットショッピングに必要な「セキュリティコード」

ネットショッピングを利用する上で、セキュリティコードの入力を求められる場合があります。

「セキュリティコードとは?」「それはどこにあるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、分かってしまえば簡単です。

セキュリティコードの場所

インターネットショッピングでは、セキュリティ性を向上させることを目的として、セキュリティコードの入力を求める場合があります。

セキュリティコードがある場所はクレジットカードの国際ブランドにより異なるため、注意しましょう。

VISA・JCB・Diners Club・Mastercardの場合

VISAやJCB、Diners Club、Mastercardの場合、カード裏面に記載された番号の末尾3桁がセキュリティコードです。

例えば、「1234 567」と記載があった場合、セキュリティコードは「567」です。

American Expressの場合

American Expressでは、カード表面に書かれている4桁の番号がセキュリティコードです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*